働くということ

働き方というのは、様々な形態があります。正社員、パート、アルバイト、会社員、起業、自営業、委託、派遣などなど、働く形態は、皆さんの選択によって自由なチョイスが可能です。学生の頃は、進路をどのように決めましたか?両親や学校の担任の先生の勧める進路を選びましたか?自身の理想の進路を自分なりにみつけましたでしょうか?生まれながらに、すでに家を継ぐことが決められていた、そんな方もいるでしょう。好きなことを仕事にする人もいれば、自身の好きなことは、趣味にとどめ、自身の興味範囲外のことを、仕事として生涯全うするといった人もいます。皆さんは、自身が働くことについて考えたことはありますか?そもそも、育児や介護に生活の大半が縛られ、働くことができないといった方もいますし、働く時間はあるけれど、働く必要のない人もいます。皆さんは、ご自身でどのように毎日を過ごしていきたいですか?

現代は、なかなか歩をとめて自分自身について考えるといった時間をもちにくいことは確かです。ですが、働くということは、ご自身の貴重な時間の大半を費やすものです。可能な限り、皆さんが働きたいという意思とともに、ご自身の思い描くお仕事をされる、そんな一つきっかけになればと、「起業」について考えていきたいと思います。「起業」するということは、強い意思をもって仕事に挑むことになります。起業から、「働く」という観念に対して、皆さんの潜在意識に働きかけるようなそんな事柄を探っていければと思います。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *