法人での口座を開設するには

近年では、法人でも都市銀行などに口座を持つことが難しくなっているといいます。
法人というのは適切な手段を踏めば、悪しき考えの持ち主でも簡単に設立することが出来るので、法人口座による振込詐欺などの事件が多くなっているからだと思います。
そのため、口座開設をお願いに行った際に、法人としての証明だけでなくて、実際にその会社が事業を行っている証明を求められることが少なくありません。

金融機関によっては、会社のホームページや、店舗の賃貸契約書の提示を求められるようです。
これらの証明をし、審査を完了させるまでには時間がかかるようになりました。
法人が起業して口座を開設する時には、はやり大手のメガバンクなどが人気のようです。
誰もが知っている銀行だけあって信用度は高く、大手銀行に口座を有しているということは、ある程度の信用に値するでしょう。

一方でメガバンクは地方銀行やネット銀行と比べて手数料がかなり割高であることに注意が必要です。
メガバンクでは手数料の高さもさることながら、口座開設のハードルも高いため、起業したてのしばらくは、地方銀行で開設する事も良いと思います。
地方銀行は、融資の相談や、新規の事業に対する相談などもやりやすいでしょう。
また、地域の事情に精通しているので、自分の事業に合わせられることがメリットとなる方も多いと思います。

口座開設を断られる理由に資本金の金額も低すぎる事がよくあるようです。
資本金の金額は銀行によって基準が設けられているので、開設したい銀行を事前に調べておくとよいでしょう。
また、バーチャルオフィスなどでなく、きちんとしたオフィスを構えていることも審査の対象になるようです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *