法人口座の重要性

起業してからすぐに法人、つまり会社の口座を作るべきでしょう。
会社の運営の中で金銭の授受があるときには、個人の口座ではなくて会社の口座を用いることが一般的です。
これは、他社に対して信用してもらうだけでなく、個人のお金と会社のお金を明確に区別するためでもあります。
私用のお金なのか、会社の経費として必要となったお金なのかの区別ができないと税金で不利になってしまうこともあるでしょう。

例えば、店舗の賃料や事務所の水道光熱費、消耗品など他社とのお取引以外にも動くお金はさまざまです。
会社としての金銭の動きを明確にするためにも、会社名義の口座は早急に作ると良いと思います。

さて、口座を作るとなるとどの銀行にするとよいのかという疑問が生じると思います。
世の中にはメガバンクや地銀など様々な銀行があり、銀行選びは難しいでしょう。
将来銀行の融資を受けたいと考えている方や、会社を大きくしていきたいと考えている方に銀行選びでおすすめしたいのが、地元近くの地方銀行を始めとした中小バンクです。

なぜメガバンクでないかというと、メガバンクは審査の基準が高く、開設が難しいとされているからです。
他にも、地方銀行であれば、取引先にも悪い印象を与える事はないと思います。

一方で銀行からの融資を受けようと考えていない方のおすすめなのがネット銀行です。
ネット銀行は、なんと言っても通常の銀行と比べて振込手数料などが安い傾向にあるからです。
それだけでなくコンビニなどのATMも無料で使う事ができるなど、地銀には無いメリットがあります。

また、取引履歴を詳細なCSVファイルでダウンロードできるネット銀行も多いので、これは確定申告などにも便利でしょう。
しかし、取引先からもの信頼と言う観点では、地方銀行より劣るかもしれません。
とはいっても近年ではネット銀行も充実してきており、あまり神経質になることは無いと思います。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *